映画とゲーム

with コメントはまだありません

#Sponsored


映画そのものがゲームの中であり、
この映画は、主人公が見ていた仮想現実に過ぎなかった…。
 
映画そのものがフィクションである、というギミックではなく、
ゲームを翻案しているこの映画は、実は、仮想現実に没入している
ゲーマーの観ていたものだった…というギミックだ。
説明する事すら難しい。
 
単純に、これは非常に理解し辛い。
あらゆる映画には、前提となる知識が必要になるし、
全くまっさらの状態では、どんな物語も理解できないから、
多少の事はしょうがないかな…と思う。
 
だが…この映画のプロモーションは、あくまで、
「ドラクエを3Dアニメにしました!」というものであり、
上記のようなギミックが施されているとは、誰も心の準備を
していない。ましてや、夏休みに封切りするアニメ映画で
ある。
 
このギミックは、プロモーションにおいては完全に隠され、
インターネットでそのギミックが議論されている。
これが、炎上の理由に他ならない。
 
親子連れが来るような映画で、やって良い事と悪い事があり、
それがわからない監督以下、シナリオに責任のある者は
無能というより、無情、非情としか言えない。
あれを笑える楽屋落ちとして表現したかったのであれば、
少し、演出の面でも疑問があるし…。
 
奇妙な映画ではあった。


この記事について


このページは、2019年8月12日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ