日常的な生活上の怒り

with コメントはまだありません

#Sponsored


在宅介護の日々も終わり、
コミュニティ自治会関連の仕事もあまりないので、
日常的な生活の怒りの「タネ」になるものが
完全に枯渇した。
 
故に、心穏やかな生活を送っている。
日常的に怒りの「タネ」を探す事が困難な程で、
なるべく不快になる事態は回避するように
努めているし、こんな日々が何時まで
続くのやら?と思いながら、フロイトの夢判断を
読んで、来るべき不安をぼんやり想像している。
 
心の奥で、ずっと流れている曲がある。
それは最近はさかいゆうの曲だ。
音なり、映像なり、何なり、心の奥でずっと
放映されているものというのが、あると思っている。


この記事について


このページは、2019年4月20日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ