旧紙幣問題

with コメントはまだありません

#Sponsored


日本の旧紙幣に関して、2019年4月時点で、
一円以上の旧紙幣に関しては、銀行で預金と
いう形で換金できる。
 
勿論、ATMではダメで、バックヤードで
紙幣を調べてから預金として換金できると
いう訳だ。
 
一円紙幣は、二宮尊徳だ。旧紙幣は価値が
あるなんて思われているかも知れないが、
この手の旧紙幣、及び、旧貨幣は、
コインコレクターや貨幣商の間では
ダブついているものも多い。
 
一円紙幣が真っサラな、新札に近い状態で、
なおかつ、銀行の帯封がされている
100枚の束であれば、プレミアは期待できる。
オークションに出しても、買い手は出るだろう。
 
だが、その状態で尚、日本の戦後の
インフレ率に負けているような気がする。
記念貨幣類についても同様だ。
 
「旧紙幣が使えなくなる」というのはデマであり、
スポーツ紙の報道に騙されないようにしたい。
現段階でも、一円紙幣が換金できる世の中で、
どうして旧一万円札が使えなくなる事態があろうか?
 
なお、一円以下の紙幣、「線」「厘」単位の紙幣、貨幣、
及び、旧江戸幕府の紙幣、貨幣については、
銀行で両替できない。
また、銀行の店舗によっては、銀行法で両替が定められて
いたとしても、旧紙幣の事をわかる人がいなければ、
対応が難しくなるケースも想定されるので、要注意だ。


この記事について


このページは、2019年4月20日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ