クリエイティブの誤解

with コメントはまだありません

#Sponsored


色々なスポーツを少しずつやる事があって
良いように、色々な創作=クリエイションを
少しずつやる事も肯定されて良いと思う。
 
色々なクリエイションに手を出すのは、
「腰が据わっていない」「何をしたいのか
わからない」などと言われ勝ちでもあるが…。
 
スポーツは良いけどクリエイションはダメなのか?
素人が様々なクリエイションに手を出すのは
みっともなくてミジメなのか?
年齢を重ねてスポーツをするのは素晴らしくて、
クリエイションをいいとしこいてやるのはガキくさいのか?
 
クリエイションの不思議…草野球をする人に対して
苦言を呈する「プロ」はいないが、漫画の世界に
おいて、同人活動なんかをしていると、
「へたくそのくせにめざわりだ」などと批判する
プロや読者や批評家がいる。
 
まあ、草野球は、直接はリーチしないから、比較の
方法が違うかも知れないが、行為としては同様である。
(リプライとか、リツイートとかあるので、これについては
クリエイションする側にも問題はある)
 
はっきり言って「何をしたいのかわからない」なんて
余計なお世話でございます。
 
最近は、拾った画像、出回った画像なんかを安易に使って、
適当にコメント付けて…っていうのが、本当についてゆけなくて、
オリジナルをやっている僕からすれば、「むむむ…」という
気分なんだけれども、「ネタの民主化なんだ…」と思って我慢
するし、僕だって、そこまで自分が面白いとは露ほどにも
思っていない。


この記事について


このページは、2019年8月21日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ