デジタル・ネイティブ論はどこへいったのか

with コメントはまだありません

#Sponsored


町内会や自治会の話は一旦区切ろうかな。
そういう訳で。


甥や姪が幼稚園生な訳でして
ウチにも時々来ます。

まあ、Youtubeとかが大好きな訳でして、
「そんな動画見ちゃいけません」とか
何とか。あとタブレットのゲームとか
スマホのゲームとか好きみたいで。

確かにこの子らは、デジタル・ネイティブ
なんだろうな、と思いました。

ただ、思うのが、ユーザとしては習熟するかも
知れないけれど、
この子らが作り手、供給側に回るかと言われれば
微妙かな、と思っています。

「これからはプログラミングも自動化されるので
アイディアが大事な時代だ」

なんて言われますけど、
最早、アイディアだってディープラーニングで
出してしまいかねない時代ですから、
どうなんだろうなって思います。


この子らは別にしても、
早くから作り手、供給側の勉強に入る子らも
いるでしょうから、
デジタル・ネイティブ論もあながち嘘じゃない
んだと思いますが、

Facebook、Line、Twitter、Instagram、Youtube
こういう大人が作ったプラットフォームで
遊ぶ事と、

Unityとか、手前味噌ですがWordPressとか、
制作ツールの方のプラットフォームとの違いとか、
もうオジサン連中が何もわかっていない状況、

もっともFacebookなんかもかなり複雑化しているし
Lineだって本来「設定や運用の妙」もあります、
他も然り、実はこれらだって簡単じゃないんです、

一般の人は本当にこういう事に疎いですから、
何でしょう、
デジタル・ネイティブに期待とか、
わかりやすい話なんですけれども、

人間の進化とか発展というのは、
もっとどうしようもなくて
くだらないものなんだよなーと思います。


未来予想というのは昔から当たらないもので、
あれは投資家にお金を出させるために
景気の良い絵を描いている部分も
往々にしてあると思っています。

人間の仕事がキカイに置き換わるという点について、
どの仕事がキカイに置き換わるかは
それが肉体労働なのか、頭脳労働なのか、
今の時点で言える事はないかと思います。

むしろ自動化ではペイしない単純作業が
人間に残されるなんて話もありますし、
全然、SFの予想は当たらなかった
んじゃないか。

ですが言える事は、
我々大人が、新しい事にチャレンジし続け、
好奇心を持ち、
人間同士でちゃんとぶつかる、
新しい事も古い事もちゃんと学ぶ、

つまり、当たり前の事をちゃんとやる。


プログラミングには適性があります。
プログラミング自動化は昔から言われていた事で、
昔と比べれば自動化の部分も増えていると
思っています。

でもやっぱり適性というものが
あるからね。

自動運転にせよ、何にせよ、
「自動化」が究極まで進めばロボットだけが働いて
人間はみなユーザになるなんてSFがありますけれども、
そこに「現実の経済」の観念を付け足すと、
SFが描いていた人間の不幸というのは、
実は格差の拡大っていうところだったんじゃないかと。


インターネットはペイするようになりました。
それは喜ばしいですけれども、
プラットフォームは独占・寡占が進み、
プレビューといいねが多い人が偉い、
嗚呼…もう何も言う事はありません。

そんな事をつらつら考えつつ、
さて、これから、一日が始まります。
おはようございます。


この記事について


このページは、2017年9月27日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ