いわゆる「金」と「セックス」

with コメントはまだありません

#Sponsored


「金」と「セックス」に過剰な意味を見出すとか、
人間は「金」と「セックス」の為に生きているんじゃないとか、

まあ避けられない話ではあって、
どうでも良いっていう人は案外そっちが満ち足りているか、
そもそも淡泊な人かも知れないし、

だいたいが若い人に「金」と「セックス」を
説くっていうのが実に怪しい、

僕が思うのは「金」と「セックス」については
必要な部分を知っていけば良い訳で、
過剰な意味合いを勉強したりとか、
そこを妙に外してモノを考えたりとか、

本当に徒労だし
やめた方が良いかな、と、
特に若い時の自分に言いたいのであります。

「金」と「セックス」について
若い時分から適切に考え対処していけば
それはもう、バラ色の人生な訳でして、
そうそううまくは、いかんもんだに。


この記事について


このページは、2017年9月28日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ