Dreamcast Emulator

with コメントはまだありません

#Sponsored


AndroidのDreamcast Emulatorにアップデートが
かかって、regionを選択できるようになった。
これで海外版のソフトも動作するようになる。
 
iOSで開発アカウント取って、あくまで試用としてEmulator
を使う方法もあるが、この開発アカウントで色々と悪さをする
ところがありまして、もうiOSでやらん方が良いかな、と思って、
シンプルにAndroidでやっている。
 
あと、iOSのは種類が少ないし、
UIがあまり良くないもんで…。だいたい、ハードル高すぎだよね、
いちいちアプリのID作って、端末を認証して、どれだけやらせん
ねんって…。でも、iOSはセキュリティ高いので、セキュリティを
必要とする作業を安心してできるって面が一番。セキュリティと
機能って、オフセットだからね。
 
PS2等も含めて、海外版でのみリリースされている
ソフトは、ハンティングものだったり、
スポーツものだったり、向こう受けするキャラクター
ものだったりする。僕は割と向こうの文化が好き
なので、こっちは攻め甲斐がある。
 
あるのだが…。ひたすら、イメージ化するのに
疲れてしまった。激しくイメージ化していって、
これだけコレクションしてもまだ、FFは殆ど
買っていないという偏食ぶりだ。
 
イメージ化は失敗する事もあって、様々な手段を
講じてイメージ化するのだが、それならば、
音楽の方が絶対的に楽だよね…と思って、ブックオフ
なんかを巡ったりしている。バカCDだと思って買った
CDをWikiで調べたら大家だったりして…。
 
僕は、ずっと「そこまでビートルズが好きじゃない」
人だったのだが、数年前に、フランキー・ヴァリを
知って、「これだよ!」と思った。ビートルズでも
ビーチボーイズでもなくて、フランキー・ヴァリが
良いんだよなあ。
 
駿河屋にハマってしまって…。また、そろそろ、積み
読を消化していこうかな、と思っている。フロイトも
読んでいるが、フロイトの引用している本を探そうと
しても、古すぎて邦訳が全然存在しないのに
ウケます。
 
古市氏が、コンビニの24時間営業について、かなり
筋違いの主張を文春だか新潮だかでしてたけど、
「中長期的には問題じゃない」って、現時点で
徹夜続きの過労で泣いている人が居るのに、
「中長期的に」って何ぞ?「コンビニなんか
辞めちゃって一日六時間労働の北欧のコレクト
ショップをやれば良い」絶句。
お前、正気で言うているんか?テレビに出る
学者や作家はホンマ、パチモンだらけやないかって
思われるぞ?こっちはそう思っているが…。
 
コンビニに関しては、古市氏も、かなり悲惨な
状況を知っている筈だが「中長期的には解決」
するし「FC契約を結ぶ方が悪い」という
論旨…。これはどうかしている。
炎上目的の、典型的なクソ資本主義者である。
 
小林よしのりの時も思ったのだが、
「これ、ダメだよ」と忠言する人は居ない
のだろうか?論壇が死んでいる。馬鹿に馬鹿
と言えない!!!
 
古市氏といい、ホリエモンといい、結局は
「AIやロボットが労働問題を解決してくれる」
という、まるで子供向け科学雑誌のような、牧歌的な
技術への信頼と夢、いや、ホリエモンはロケットも
作っているから本当はわかってるでしょ?
自分のプロジェクトで考えてやっている事と、
世間に向けて言う言葉が違う人っていうのは、僕あ、
アカンと思う訳ですよ!!!!!
 
そんなにAIで何でもできるならさ、どうして、
ホリエモンが監修したサイトのソースが丸パクリ
だったのかって思うね、CSS+HTML5のデザインも
自動化できないのに何がAI、ロボットぞ?と僕あ
思うね!!!!!!
 
「僕たちはもう働かなくていい」ってさ、トータルの
ネットで言えば食糧の余剰生産があるところから
主張しているんだろうけれども、どれだけ見通しが
甘いんだろうね、食べ物がない人が居る一方で、
肥満になるほど食べ続ける人が居るっていう構造、
これは簡単に変わらないと思うんだよ、残酷なよう
だけれどもそうなんだ。このさ、格差が広がりつつ
ある世界で、「僕たちはもう働かなくていい」って
いう僕たちって、誰よ?
 
古市やホリエモンが語っているのは、単なる
甘いファンタジーだと思うんだけれども、
僕が悲観的なだけかなあ?
手を抜いているのよ、露骨に。この程度の事を
書いたり言えば、炎上しつつも信者の支持が得られる
だろうっていう。エンターテイメントなのよ。
知性じゃないのよ。小林よしのりについて言えば、
今の政権も日本もダメだ、大東亜戦争素晴らしいっていう
転倒したディストピアのエンターテイメントなのよ。
切り口が違うだけで、ぜ~~~んぶ一緒。
 


この記事について


このページは、2019年3月29日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ