Internet Regulation

with コメントはまだありません

#Sponsored


フェイスブックCEO、悪質投稿「規制当局の役割必要」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43156450R30C19A3000000/?n_cid=TPRN0003
2019/3/31 8:50
 

米フェイスブックの最高経営責任者(CEO)は30日、悪質な投稿対策などへの考え方をインターネット上に投稿し「政府や規制当局の活発な役割が必要だ」との見解を示した。企業単独では悪質性の判断が難しい投稿も多い中、政府の介入を容認したかたち。自由を重んじるネットの世界で、その中核企業が転換を模索しはじめた。

 
人間には、最近の言葉でいうと「侵入思考」というものがある。
ふと、不埒な事、不穏な事を考えてしまう。だがそれを
本当に実行する訳ではない。
 
侵入思考は、一説には、脳のエクササイズのようなもので、
思考の可能性を脳が試しているという。
 
仲間内の冗談話、脳内での妄想、これがインターネットに
書き込みがされる。これが規制される事と、
冗談話、脳内での妄想が自由である事は全く別でなくては
いけない。
 
誰しも思う事があって、それをインターネットに書き込んで、
それが「炎上」で否定されると、人間の思考そのものに
枷を嵌められるような気分になってしまう。
 
昨今の、炎上発言をめぐる報道を見ていると、
「そんな事、考えるだけでもいけない」と首を絞められて
いるような気分になる。
 
まあ、中には、その思考が、一般的に考えるところの
侵入思考だらけの事を誰かれ構わず言う人も居る。
現代医学なら、それを発達障害とでも命名するのだろうが、
僕に言わせれば、性根が曲がっているだけである。
 
インターネットを規制する事の影響が、
人間そのものの思考の可塑性(可能性というより)を
硬化させる事のないように願う。
あくまで「書き込んだ」という事を問題にすべきで、
性根の曲がった人だって考え、モノを言う権利はある。
 
むしろ、普段、品行方正な人がネットで悪質な書き込みを
したなんて調査もあるぐらいだから、
侵入思考は大いに結構、不埒な事、不穏な事を大いに考えて
脳をリラックスさせた方が良いと思う。
その考えだけで思考が満たされるようになると危険だが…。


この記事について


このページは、2019年3月31日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ