捏造されるビジネスマナーと用語

with コメントはまだありません

#Sponsored


社会全体でビジネスマナーを統一する利益よりも、
統一された(とされる)マナーを外した場合の制裁の方が
有害なような気がするが、
 
これは、かつての教養、有職故実の代替として、
「どれだけビジネスマナーや用語を知っているか」
というのが滑り込んだ、というのが実情ではないだろうか。
 
古典の教養に関しても、夏目漱石は読む、
ドストエフスキーは読む、と定番化がされるが、
ビジネスマナーに関しても、マナー講師がそれを定説化する
事で、「定番のマナー」が捏造される。
 
おじぎをする時に手を前で組むとか、謎の作法が次々と
編み出されていく訳だ。
 
これからの時代は、マナーを覚える暇があったら、
新しい技術を習得した方が良い時代になろうし、
マナーという点で言えば、グローバルな、各文化圏の
マナーを広く浅く、知っておいた方が良いと思う。
 
マナー講師が教えるマナーは、あくまで国内の、
社会人社会の中の、更にその中でも
ホワイトカラーの中でしか通用しないマナーである。
 
そもそも、社内で立場のある人はマナーを外しても
許されるので、マナーを過剰に要求するのは
パワーハラスメントの温床になる。マナーの判定は
非常に定性的なので、それを裁く人間次第になる。
人間主義とは、かくも残酷なものになり得る。
 
まさに公家社会の有職故実、武家社会の約束事のような
ものであって、我々はまだ、封建社会の残滓の中に
漂流しているのかも知れない。


この記事について


このページは、2019年5月9日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ