情報化社会

with コメントはまだありません

#Sponsored


人類史上、かつてないほどに
ニュースが世界中に配信される時代である。
また、プライベートなメッセージも、
これまでに例を見ないほどにやり取りされている。
 
ふと、ひとりで沈思する時間が重要になってくる。
自己承認を伴わない沈思は、時に自己嫌悪を
産んだりするだろうが、必ず必要になってくる
だろう。
 
中国は読書キャンペーンをやっているそうだが、
わかる。ゲームは規制して、本当は国民に読書して
賢くなってもらいたいのだろう、当然検閲はあるが、
それはさておき、書籍、映画、音楽、
閉じたコンテンツ、コメントのないコンテンツ、
それが…。


この記事について


このページは、2019年5月13日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ