コンビニのFC契約は下請法か?

with コメントはまだありません

#Sponsored


コンビニ人手不足、大手4社に行動計画要請へ 経産相
2019/3/26 11:05
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42904980W9A320C1MM0000/
 

コンビニのFC契約は対等な契約で、下請取引の公正化や下請業者の利益保護を目的にした下請法の対象にはならないとされる。

 
新書で、コンビニオーナーは辛いよ的な本を一冊読んだが、本部の言う事は絶対、
という印象を持った。ユニバーサルサービスを提供している以上、ルールが
厳格化してしまう。しかし、このFC契約は下請法ではない、というのは、
偽装請負=派遣 と同じ匂いを感じてしまう…。
 
ただ、下請法になると、厚生労働省の管轄になってしまうが、
かえって下請法の対象でない方が良いかも知れない。
偽装請負の周辺を見ていると、厚生労働省に契約絡みの労務問題を
解決するのは難しいかな、と思ってしまうからだ。


この記事について


このページは、2019年3月26日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ