大衆の感覚

with コメントはまだありません

#Sponsored


自分が大衆かどうかはわからないけれども、
あくまで仮定として…大衆の感覚からすると、
芸能人が麻薬で逮捕されるという事案は
「面白いもの」だ。
下世話で面白いものだ。
 
でも、自分がファンだったらそういう感覚
にはならない。だからこそ、麻薬で逮捕された
としても、まだ応援する自由、
好きでいる自由、愛する自由は担保して
いかないといけないと思う。
 
麻薬で逮捕された人の関わる作品と、
大衆=社会を隔離する、
無菌社会とか新書程度の話をしないで、
フーコーの「監獄の誕生」ぐらい
引いて欲しい(僕はまだ未読)。
 
社会学の古典を読んでわかった事は、
新しい用語というのは、よく考えてみると
過去の概念の組み合わせが多いという事だ…。
 
社会的憎悪を発生させ、その上、その憎悪に
自分を従わせなければいけない義務が
何処にある?と問いたい。


この記事について


このページは、2019年3月26日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ