レトロゲーム・コレクター

with コメントはまだありません


最近、レトロゲームが見直されてきており、
ブックオフ等でも、一時は店頭に並ばなくなったPS、サターンは
おろか、ファミカセやスーファミのカートリッジも置くように
なった。
 
最近のゲームは、起動に時間がかかる。ファミカセのように、
カートリッジを差し込んで秒で開始するというタイミングが
ない。だからこそモバイルにユーザが移行してしまって
いる!
 
ゲームの建て付けにしても、すぐに何か遊ぶという事ができない。
何度も何度もクリックしないと本編が始まらない。
「このゲームは凄いんだぞ」という演出が大事になって
しまっている…。
 
まあ、でも、最近のゲームもやるが、確かにリアルな描画と
複雑なゲームというのは面白味がある。
今のゲームには今のゲームの良さがある。
 
さて…。CD-ROMの寿命というものがある。ゲームがカートリッジや
光メディアである以上、いずれ読み込みが難しくなる時代が来るかと
思われる。まあ、CD-ROMもかなりしぶとい。
 
そうなると、今、レトロゲーム・ブームで、市場に流通している間に、
何かしらの手段を講ずる必要があるのではないだろうか。
皆までは言うまい。
 
ゲーミング・スマホというのを買って、今、そこにアーカイブを
ぶち込んでいる。例えばドリームキャストの全ソフトのバイト数は
500GB超と言われている。ひとつのハードのソフトを全部揃えるコレクターも
いらっしゃるが、僕は、前から気になっていたけれどもついぞ、見る事も
なかったソフトを今になって、言わばご開陳といった形で目にしている。
 
僕は、デジタルなアーカイブというのを作ろうとしている。
クラウドにバックアップもしているが、僕が思うに、いずれ消えてしまっても
諦めるといった「諦念」を失くさずに、その上で充分に気を付けてやっている。
アナログなアーカイブは確かに後世に残るかも知れない、だが、保管
スペースの問題と、そのアーカイブを引き継いだ場合のアクセシビリティの
問題だ。親が残した大量の蔵書を「やった!」と引き継ぐ人というのが、
思った以上に稀少なのである。
 
あくまで、個人としてのアーカイブであるため、
これは絶対に他人に譲渡したりしてはいけないものだ。
ライセンスの問題があるからだ。しかし、これはあくまで、著作権法や
私的なライセンスの問題であって、後世、デジタル・アーカイブの扱いというものに
ついて、現在では考えられないような環境になる事もあるかと思って、
コツコツ、アーカイブしている。
 
アメリカがTPPを離脱する事すら、予想できなかったのである。
ましてや何をか言わんや?


この記事について
このページは、2019年3月11日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。



こんな記事もあります


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ