セカンド・オピニオン

with コメントはまだありません

#Sponsored


医療においてのセカンド・オピニオン。
これは、
(1) XX病だと診断されるために求める
(2) 病気ではない、大丈夫と診断されるために求める
どちらかの動機があると思われる。
 
残念ながら、医療の世界では、
「流行の診断と病名」というのがあって、
セカンド・オピニオンがあまり機能しない
場合がある。精神医学は特にそうだと思う。
 
「21世紀の心臓の流行病は心房細動になる」
という”預言”があったと聞く。これは
一種の自己批判、皮肉も込められているように
思う。ある種の、医療というものに対する
諦観を感ずるのだが、この諦観を読み取れない
人もいらっしゃる。
 
自分の病気について調べる事であっても、
「プロ患者」のようになってしまうと、
医師との関係がうまくいかなくなる事も
ある。
 
「最大の薬は医師である」という警句もある。
あらゆる病巣を探し出し、駆逐する、という
信念があるのであれば止めはしないが、
結局、信念、患者自身の方針の問題であって、
 
どう生きるか?という問題になってくる。
その生き方に一番近い医師が、病院が、
自分にとって最良の場所であるだろう。


この記事について


このページは、2019年9月7日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ