皇室は立派でなくても良い

with コメントはまだありません

#Sponsored


現代の皇室というのは、マスメディアと共にある訳であって、
明治以前の一般庶民では知るよしもないゴシップが
広く見聞されている。
 
京都の都人であれば、宮様の噂話もあっただろうが、
東京、そして田舎、地方の人間にとって、どこまで
皇室というものが求心力があったか?
 
少なくとも噂話を日常的にしていたとも思えず、と
同時に、このゴシップの時代に、前時代的な敬意を
総国民に求めるのには無理がある。
 
僕は、皇室は立派でなくても良いと思う。
ひどい天皇、立派な天皇、平凡な天皇、あれこれ
歴史で明らかになっており、秋篠宮にしても
令和天皇にしても、別にフツーの天皇でも、いっそ
「こいつクズだな…」という天皇でも構わないのでは?
 
外国の要人とパーティで会っている時に、突然脱糞して
君が代を絶唱するような気違いでなければ、どんな皇室でも
構わないのではないか。


この記事について


このページは、2019年4月17日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ