過剰診断と過少診断

with コメントはまだありません

#Sponsored


現代医学はかなり完成の域に入っているように
錯覚してしまう。それは現代文明においてもそうで、
それが世界の閉塞感にも繋がっていたりは、する。
 
過剰診断、過少診断というのは、
医学のうちの「診断」において、
病理とまでは言えないものを病理としたり、
明らかに病理であるものを病理でないと
判断してしまうものだ。
 
医学だけでなく、セキュリティに関しても
過剰であったり、過少であったりする場合はあるだろう。
確かにそのツールを使えば、これまで検出されなかった
スパイウェアやウィルスが検出された…だがしかし、
僕たちは、これまで、どれだけの無害なツールが
誤検出されたか、知っている。
 
アドウェアなどに関しては、すぐにアドインのように
組み込まれてしまうものもある。この仕組みを知らない
ユーザに、これまで、相当、セキュリティ会社は
ぼったくってきただろう、と思われる。
 
医学においても、恐らく、同様であろうと思われる。
経験知として、これは過剰診断だ、というケースも身内
にあったが、それは措くとしても、
安心・安全、これは最早、社会学的な解釈は元より、
商売、商いの材料として使われているものであって、
絶対はない、という言葉の元、小銭を稼ぐ連中は居る。
でも、ワクチンは打った方が良いが…。
そういう話をしたい訳ではない。


この記事について


このページは、2019年6月4日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ