村上春樹の略歴

with コメントはまだありません

#Sponsored


村上春樹(オカリナ奏者・丸紅最高顧問)

磯野カツオの長男として生まれる。幼少のみぎりより、映画館のモギリの仕事をし、そのまま飛び級で映画大学校に入学。しかし数か月で挫折して、モンゴルの遊牧民と暮らすようになる。この頃、磯野春樹から村上春樹を名乗るようになる。そこから数十年の空白期を経る。その後、香港に高跳びし、精力的に活動、唐招提寺の障壁画の修復、ウイーン少年合唱団のために作ったまかない料理で、食中毒を出すなど。種子島から月へと旅行し、月兎を発見、そのまま結婚して100匹の子供を孕ませ、離婚。イグ・ノーベル変質者賞にノミネートされるも、落選、宇治拾遺集を編纂。バッタと一緒に公道を飛び跳ねていたところを捕獲され、網走刑務所で受刑、看守とすり替わってそのまま、図書の管理を定年まで行う。クロレラ培養液のPH管理の仕事を行いつつ、「磯部のカフカ」を執筆し、ノーベル文学賞を受賞する。その三日後、突然大往生し、こりん星の王子として転生、NHKで平日10分ずつの中継レギュラーを持つ。現在、妻は4人、子供は16人、孫ひ孫多数。趣味は園芸と、ドライブ。カステラ評論家としても名高い。

*フィクションです。


この記事について


このページは、2015年10月6日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ