偽貨

with コメントはまだありません

#Sponsored


古い喫茶店のドアに、一枚の張り紙がしてある。

「この店で、偽物の五百円玉を使った人が居ます。」

常連のヤマっさんが、その張り紙をちらと見て、喫茶店に入る。

「ママ。どうしたの」

ママは、椅子に座って、俯いていた。ヤマっさんは、おどけて、

「どうしちゃったのよ」

と笑うが、ママは、俯いたまま、涙をこぼした。

「あたし…。お客さんを疑う事なんて」

続けて、学生連中3人組が、入ってきた。デブ、のっぽ、チビだ。

「おばさん。どうしたの」

ママは、悲しそうに笑って、ゆっくりと目を伏せた。ヤマっさんは、

「どうしたもこうしたも、あるかよ」

と、ドカっと椅子に座った。三人組も、椅子にちょこんと座った。
ママは、そそくさと、スパゲッティを作り始めた。
ヤマっさんも、三人組も、スパゲッティを頼むのを常としている。

「こんな事はじめてだぜ」
「本当、本当」
「犯人は、誰だ」

ヤマっさんは、テレビを勝手につけて、ぼんやりと見ている。

スパゲッティができた。ママは、奥へ引っ込んでしまった。
ヤマっさんと三人組は、スパゲッティを食べた。

ヤマっさんが、ぼんやりしながら、

「俺かも知れんなあ…」

とだけ、言った。三人組は、

「ええ。そうなんですかい」
「しかし、何でまた」
「本当の事とも思えない」

などと、口々に言った。

「ママ、そのコインを、見せてくれるかい」

ヤマっさんはママを呼んだ。ママは、一枚のコインを持ってきた。
それは、五百円玉の、エラーコインだった。

「これは、エラーコインなんだよ」

ヤマっさんは言った。ママは、きょとんとしている。

「造幣局が、作るのに失敗したコインなんだ」

三人組は、囃し立てた。

「やあ、やあ」
「偽物のような、ものじゃないか」
「これは、驚いた」

ママは、まだ、きょとんとしている。
ヤマっさんは、笑いながら、

「エラーコインというのはだな…」

と説明しようとした。すると、ふっと、停電になった。

「あれ?停電か?」

そのまま、喫茶店は、闇に呑まれた。
三日後、闇が晴れた。

喫茶店の跡には、石碑が残されていた。
石碑には、こう書かれている。

「作業のポイント」

その石碑の前を、腰の曲がった老婆が通り過ぎる。

「はて…?」

知らぬ老婆は、そのまま立ち去ろうとした。しかし、天から、一筋の光が
老婆を照らした。老婆に、天使が憑依した。
老婆は、託宣を述べた。

「物語のエラーを、今こそ、修正せん」

光があった。
再び、喫茶店。

ママ、陽気に笑う。

「なーんだ。そうだったの。で、いくらぐらいするのよ」
「ダメだ、これは、俺んだ」

ヤマっさんもおどける。

三人組は、ふざけて、おどけて、踊っている。
あったかい、喫茶店の、いつもの風景だ。


この記事について


このページは、2016年1月12日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ