父、永眠

with コメントはまだありません

#Sponsored


僕の父が、病院で永眠しました。
朝ごはんを食べ、風呂に入り、朝寝をして、
昼ごはんを食べる前に永眠していたようです。

慢性心不全という事のようです。

昨日、初七日でした。


それぞれに、それぞれの思い出があります。
それぞれに、それぞれの姿があります。

八年間の介護生活で、以前の元気な姿が
霞んでしまっていますが、
昔話の中にそれが蘇ったりします。


哀しみに暮れる間もなく、
後片付けをしたり、手続きをしたり。

お店の方もありますので、
ふっと気を抜くというタイミングはあまりありません。


ジャズが好きでした。
今、ラジオから流れるジャズを聴きながら、
遠い昔の事を思い出しています。

僕もまた、遠くを見て、遠くまでいかなくてはなりません。
もっと遠くへ、もっと遠くへと、
切に願った二十歳の頃の思いを思い出して、

堂々と、生きていきます。
生きねば。


この記事について


このページは、2017年12月23日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ