欲望の街・非欲望の街

with コメントはまだありません

#Sponsored


欲望する街があれば、欲望しない街もある。
現代の街おこし、地方創生というのは、
つまるところ、日本全国津々浦々で、
あらゆるところで「欲望する街」を再興しよう、
という考え方だ。
 
地方財政論を考えれば、そりゃ、どこでだって
「欲望する街」になってもらわにゃ、困る。
だけど、人間つーもんは、地方財政論の都合の
良いように欲望したり、非欲望したりしない。
 
非欲望の街。
それは罪悪だろうか?
他人が欲望するように、非欲望の街を
欲望の街に変えてしまって、何もかも失う事に
なりはしないだろうか?
 
人間は、常に一人は一人であって、
一人が二人になったり、三人になったり、
百人になったりしない。
 
欲望しない人間は、欲望する人を相手に
商売はできない。少年よ大志を抱け、の
「大志」は野望だ、という。野望というより、
欲望である。時代背景を考えれば、
欲望こそが人類の科学発展のエンジンであるからだ。
 
そう、それは飽くなき欲望である。
野望と欲望の違いは、愛と恋の違いを論じる
ようなものだ。つまりは欲望である。


この記事について


このページは、2019年3月11日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ