Delete Facebook

with コメントはまだありません

#Sponsored


#DeleteFacebook

Entry in English

Facebookとの攻防が一か月余り続いて、その顛末をなるべく正直に書こうと思う。

実は10年前ぐらい?2016年頃か、忘れたが、その頃Facebookのアカウントを持っていたが、
大学時代の友人との関係が悪化したので、Mixiを含めSNSを全部辞めた。

それからTwitterを主に使っていたのだが、つい一か月前ぐらい、
Facebookをやろうかと思ったのである。

Facebookは、久しぶりにアカウントを作り直したという事もあって、
僕のアカウントに対するチェックが厳しく、
ページIDを参照しようとブラウザでアドレスを叩いたところ、
そこから急に、Facebookの機嫌が悪くなった。

何度もアカウントを停められ、そのたびにIDを送って復活、
そしてアカウント再度停止の繰り返しである。

これでは辛抱できない、と思い、
個人情報保護法委員会などにも問い合わせてみたのだが、
少なくとも窓口の見解は「違法性なし」であった。

しょうがないので、Facebook日本法人に、
簡易書留の速達で、名前と電話番号、メールアドレスを記載して、
僕はアカウントの復活を訴えた。

それが到着したのが今日の午前中で、
今、正午、アカウントの復活を確認。

また停止されたら元の木阿弥なので、
すぐにアカウント削除のリンクを踏む。

まさか、手紙が効力を発揮するとは思わなかったが、
これは僕の場合で、他人の経験談を鵜呑みにして
その通りにしてやると、痛い目に遭う。

僕が最初に叩いたアドレスも正にそうで、
恐らくその操作で「ハッカー」のタグ付けをされて
しまっているような気がするのである。

新しいSNSも出てきているようだが、
僕は、SNSは、もう、Twitterだけで充分だ。
Twitterは逆に、「自由」が売りで、
アダルトから差別的な内容まで、
多少、規制はあるが、おとなしくしているユーザに
このような仕打ちをしたりはしない。

そういう話です。


#DeleteFacebook English translation

I will continue to battle against Facebook for over a month, and I will try to write that story as honest as possible.

Actually about ten years ago? I forgot about about 2016, but I had a Facebook account at that time,
Because relationship with college friends deteriorated, I quit all SNS including Mixi.

Then I used Twitter mainly, but about a month ago,
I thought of doing Facebook.

Because Facebook has been rebuilding accounts after a long time,
Checking my account is strict,
I struck the address at the browser to refer to the page ID,
Suddenly, Facebook was in a bad mood.

Account was stopped many times, every time it sends an ID, it revives,
And the account is again to stop again.

I thought that I can not be persevered with this,
I also contacted the Personal Information Protection Law Committee and others,
At least the window’s opinion was “no illegality”.

Because there is no help, Facebook Facebook,
With simple registered mail delivery, describe the name, telephone number, mail address,
I complained to the account recovery.

It was this morning that it arrived,
Now, confirm noon, no account recovery.

Also, when it is stopped, since I will return to my old situation,
Take the account deletion link immediately.

No doubt, I did not think the letter would be effective,
This is my case, take a look at others’ experiences
If you do it exactly it will get painful.

The address I first struck is exactly the same,
Perhaps it was tagged as “hacker” by that operation
It seems that it is closed.

Although new SNS seems to be appearing,
For me, SNS is already enough for Twitter.
On the contrary, “freedom” sells on Twitter,
From adult to discriminatory content,
There are some restrictions, but for users who are quiet
I will not do something like this.

That’s the story.


この記事について


このページは、2018年3月30日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ