元号はオープン仕様

with コメントはまだありません

#Sponsored


時間論、空間論、権力論、天皇論から言えば
元号には問題があるが、デザインや仕様という面から
見ると、決して悪くない。
 
元号は、日本国内で使用される事を目的としているが、
別に他の国で使われても構わないものであるし、
何よりひとつの個人や組織が独占的に使用する事もない。
 
「昭和エログロナンセンス」という言葉もあるように、
他のジャンルのワードと自由に組み合わせて使う事ができる。
 
今と昔では、時間に関する考え方が違う。標準時が存在しない
時代の元号と、標準時が存在する時代の元号、
そしてGPSが自動的に時間をセットしてくれる時代の元号…
元号計算は自動でエクセルがやってくれる時代の元号…。
 
元号はかくして軽く、オープンになった。オープンであるが
故に、決め方については何かしらの有職故実が未だに必要とも
言える。グローバリズムはバツ、ナショナリズムはバツ、の
日本共産党にとっては、不都合な状況であるとも言えるが、
令和という元号、正直、良さ、重みはない、だが、使われる事に
意味があり、様々な分野で使われる事が良いだろうし、
今時珍しい、ライセンス料のかからない版権であるからして、
そのあたりをアピール…しなくても良い、ただ、使用料のかからない
強いIP、商標、それが元号である。


この記事について


このページは、2019年4月23日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ