中島みゆき「慕情」

with コメントはまだありません

#Sponsored


以前、どこかで、
「中島みゆきの”慕情”の”尽くしたい”はダメだ」
というような事を書いた記憶がある。
 
それを訂正したい。
いや、僕の気持ちが変わった。
 
いや、僕も今年、四十になる。
誰かに出逢った頃に戻って、その人に尽くしたい
という気持ちが…
わからんでもないのよ…。
 
歌謡曲の定番として「人生やり直したい」っていう
のがあるけど、この「慕情」は、それを上手に
扱っているしエモーショナル。
 
僕の中の中島みゆき・ベストソングではないけど、
聴けるようにはなった。
ちゃんと歌詞を書いている人の歌詞は、時々、引っかかる
事もあるけど、あとで意味がわかる。
 
あと、どうでも良いと思っている歌ばかりが、
頭の中で数時間、リフレインする事があるのだが、
これはフロイトの夢理論でいうと、なにがしかの
解釈できない事象を解釈しようと白昼夢を見て
いるのかな…。
 
フロイトや、フロイトが引用で提示している、夢理論に
ついては、今、21世紀の現在でも解決していないので
面白い。社会学とかの面白さは、例え18世紀の論点でも、
現在、残っている論点だったりするんだよね。
それが古典の面白さ。
 
フロイトもドラッグをやっていたってネットで見たん
だけど、ドラッグやってなかったら、オイディプス理論を
強化しなかったかも知れないから、どうなのかなーと
思う。たらればすぎますか?
教育学者にしても、親子論、多すぎませんか?
むしろ、親子論が親子の関係を苦しめていませんか、
と僕は最近思うんだなー。フロイトの呪いですよ。
 
アンチ・オイディプス、オイディプス=親子論の呪縛を
取り払ったら人は精神的には孤児である(超意訳ですが)
っていう内容の指摘があって、中島みゆきって、パパが
とかママがとかってあまり言わないじゃないですか、
「わたしの子供になりなさい」っていう曲はあるけどさ、
こう、中島みゆきっていうのはさ、誰の心にもあるような
自分の中の「孤児」を癒すよねえ。


この記事について


このページは、2019年3月24日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ