現実を見過ぎ!

with コメントはまだありません

好きな”推し”が結婚発表をして、発狂する方々が続出し、
今朝のTwitterはそれで占拠されるというちょっとした
イレギュラーな状態になっていた。
 
それで、少し、一日、考えた事であるが…。
 
現実を見過ぎである。
もっと、都合良く考えた方が良い。
 
まず、我々は、芸能や、文芸、芸術、スポーツ等々、
夢を見ている方の立場である。元来、本来が夢を
見ている。
 
夢の舞台裏、夢の舞台袖をのぞき込んでも、
我々が損をするだけだ。それはほんのご愛敬程度に
しておいた方が賢明だ。
 
人間の暗部を探しているうちに、自分がダークサイドに
呑み込まれてしまうのだ。それは避けたい。
 
“推し”というのはささやかな夢だ。その夢人は、
現実にこの世界に生きていて、良い事もすれば悪い
事もするだろう。だが、夢だけを見つめていれば
良い。
 
“推し”に、自分の理想像を投影して、何もかも
気持ち良いようにしてもらいたい…と思うのは、
それは私物化である。”推し”はファンの私有物では
ない。それをわかっていこうや!
 
“推し”が自分の思うように動かない…そんないらだちの
ツイートが、今朝、沢山トレンド検索で出てきた。
基本的に…現代社会の”推し”というのは、モニターの前の
夢である。今にわかるさ…。


この記事について
このページは、2019年11月13日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ