歴史小説、時代小説

with コメントはまだありません

#Sponsored


歴史小説、時代小説に
近代的自我や近代的テーマを採用して
再解釈していくような小説が
僕はあまり好きではない。
 
それが「歴史ファンタジー」の顔を
しているなら大いにやったら
宜しいが、それを「歴史小説」って
言ってしまうのはなあ…。
 
最近の大河も、主人公は平和な
世の中の為にやむなく戦争をする
っていうパーソナリティでしょう?
もう、それ、漫画みたいなもんで、
大河ファンタジーだと思うね。
 
最新の研究で明らかになっている
歴史観ってとても面白いと思うんだが、
脚本家やプロデューサーの頭が
古いからダメなんだな。
反日映画を笑えないよ。
 
これは古い小説なんかでも
そういう時があって、僕は
山本周五郎はあまり好きじゃないんだ、
マルクス闘争史観を時代小説に
投影させているようなところが
本当にあまり好きではない。


この記事について


このページは、2019年2月21日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ