来沼

with コメントはまだありません

#Sponsored


ラブライバー、JRのウオーキング、スポーツバイク、
ビジネス客、一般的な観光客、長い旅をしている旅人、
帰省者、買い出しの客、浮浪者、
位置情報ゲームのユーザ…来沼の流動的なフロー。
 
前述した流動的なフロー、つまりノマド的な
彼らは、必ずしも定住的な「沼津」を
意識していない。
 
位置情報ゲームでたむろしている彼らは、
そのサービス運営先に課金はしていても、
その地にお金を落とす訳ではない。
 
恐らく、次の街おこしの仕掛けは「マンホール」であろうと
思っている、マンホールは固定的な「場所」であるからして、
彼らはマンホールからマンホールへ旅をするだろう。
 
「聖地巡礼」とは、場所の偶像化である。
マンホールという固定的な、定住的な、動かしがたいもの、
この「the 場所」たるマンホールは、
町おこしのタネにはちょうど良い、
良いパンが焼ける生地であるだろう。
 
聖地巡礼を可能にしているのは、Google MapとGPS、
そしてモバイルだ。
場所を探し、移動するテクノロジーと思想、
それが場所の偶像化を可能にしたのだ。
善光寺とか、東大寺とか、メジャーな場所ではなく、
マイナーな場所が聖地たり得るようになったのだ!
 
ラブライバーという枠に囚われず、もっと広義の
ノマド的な彼らを網ですくい取っていくような、
そういう取り組みを行政-商工会-商店街のラインには
して欲しいと思うのである。
 
現象を読み解く上で、
重要な概念はラブライバーでも、ましてや沼津でもなく、
それはつまり「場所」だ。
 
東京のコンサルからいいように金を取られている
というような事を言うと、とても反発を受けるのだが、
僕はと言えば、本当に隠遁して人との関わりを
断ちたいとも思っている。
 
「コミュニティの再生」の議論から
「人と人との絆」の議論に変わった、
これは、時代が、定住的なコミュニティから
モバイルなコミュニティ(同窓会的な)へと
志向を変化させたのではないかな…などと思っている。


参考文献:モビリティーズ――移動の社会学
 


この記事について


このページは、2018年11月30日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ