最近の生活

with コメントはまだありません

#Sponsored


ポスティングの仕事も終わってしまい、
体育部の部会にも行かなくなり、軽スポーツの活動も
僕は夜が苦手なのであまり行かない、
そこで発生した時間の余裕は、主にエミュレータ環境の
構築に費やされている。
 
最初に新卒で入った会社で、「環境の構築」というのを
一年半ぐらいやって、そこで受け付けられた手習いを、
今、エミュレータ環境の構築に流し込んでいる。
 
下水が自然に流れるように、やっている。
手習いを流し込んでいる。
 
エミュレータ環境の構築というのも、10年以上、断続的に
やっているが、今、難関なのはドリームキャストだ。
ドリームキャスト!憧れの筐体だった。
僕は大学生の時は、シャープのノートパソコンと、
PS1だけを持っていた。PS2は買わなかった。
 
現在のキャリアを逆算して考えれば、英語研究会になんか
入らないで、ずっと学校と家の往復で、ゲーマー、オタクとして
生きていた方が良かった。サークルのコミュニケーションの
キャリアは、それなりに活きてきているが、コミュニケーションというのは
スキルや知識あってこそのもので、よっぽど人間嫌いでなければ、
矯正するほどのものではない。矯正して歯並びがガタガタになる
なんて事だってある。
 
もうちょっと、二十歳、十八歳の時分の自分が、利巧だったらな、と
今になって思う。それを、自分の父親に原因を求める、といった思考を
繰り返してきたが、「アンチ・オイディプス」を読んで目が覚めた。
 
いや…オイディプスの旅は、簡単には終われない。
だからこそ、一冊の本になるほどのテーマなのだろう。
兎に角、2019年、平成最後の年に、僕は、ドリームキャストに
やっと邂逅した。それは必然的なものだったのだろう。


この記事について


このページは、2019年3月14日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ