ナショナリズムの幻想とフロイト主義

with コメントはまだありません

#Sponsored


ナショナリズムは幻想だとか
幻想じゃないとかいう議論を振り返るに、
双方、
相手方をやっつけるにあたって、
実にフロイト主義的な戦い方をしていて、
いやーフロイトは良いのか?と
思わないでもない…。
 
このあたりは正直ずっと
モヤモヤしていた部分である。
思想の歴史は「歴史」でもあり
経路依存の「痕跡」でもあるんだなと…。


この記事について


このページは、2019年3月3日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ