精神病界隈全般に言える事

with コメントはまだありません

#Sponsored


人生、山あり、谷ありである。
ちょとした人の、伝記を読んでも、
「この時期まではメッチャ辛かったけれども、
この恩師や友人の出会いでスッカリ変わった」
なあんて、話があったりして…。
 
だから、僕は、乳児、幼児、児童の
精神世界を云々するのには反対であって、
例えば昔なら、生まれた村が水が合わなくて
故郷をオン出て…なあんて話があったりして、
ましてや昨今は、マスの情報と娯楽が配信されて
いるので…、色々あるだろう。
 
ひきこもりにしても…、自宅で時間を潰せる
だけのテレビなり、PCなりがあるからこそ
できる芸当であって…。ひきこもりしやすい
環境にある。
 
「アンチ・オイディプス」、これはかなり意味不明な
難解な本だけれども、「精神分裂病は資本主義のやまい」
という部分があって、最初は、コイツ何言ってんだ、
と思ったが、言わんとしているのは、因果関係じゃなくて、
引き裂かれたという奴…ポストモダンは内包するだけじゃなくて
引き裂かれたというのが大好き…。
 
現代は、医療が発達して、特に、かなり歴史の長い分野、
枯れたジャンルであれば、日本において、かなり均質な
医療を受けられる。これはまず、長所として良い。
 
発達障害とされた子の、体験記を読んだりして、
「これはウツ病では?」「幻聴が聴こえるのなら発達ではない
のでは」などと疑問も沸く。
 
精神病界隈の診断は非常に難しく…、何しろ、
正気か狂気かという判断は、社会的価値観に左右されるから
だ…それはDSM-5にすら記述されていて、
社会通念上、社会慣習上の「奇行」や「奇妙な考え」は
病質ではない、とある。生まれ変わりを信じて、
それを公言するのは「妄想」「奇妙な妄想」ではないのだ。
 
社会的価値観…とまで言うなら、学習障害なり、
パーソナリティ障害で定義されているような事は、
社会の衝突と和解で解決するような事であろうかと
思うのだが…。
 
近年では、逆に発達障害の概念を過去に遡及して、
誰それもそうだった…などと言及する手合いもある始末で
あるが…。精神病の病名…というのは、発見し、定義する事に
関しては、かなり難しく、長い時間がかかっても不思議ではないと
思う。それは、便宜上の概念の区分けのような感じに
近い。
 
僕は、ここのところ、福祉…であるとか、医療…であるとか、
そういったものに対して、一種の、懐疑的な立場になって
しまっていて…、少なくとも、福祉や医療の世界というものは、
金融政策と同程度に間違ったり、ホームランを打ったりする
ものだと思っている。そう、野球とも同じだ。
エラーもするし、ファールも打ったりする。
 
ホームランを打てば「良くやった!」だ。
エラーになれば「馬鹿野郎!」だ。
それが言えないのは、人の生き死にがかかっているからだ。
 
行政、業界が変わらないとすれば…結局は、個人が、
どの治療を受け、どの治療を受けないか、診察然り、
 
そろそろ俺も病院行かないといけないなあ。
毎月行っている病院があるので…。


この記事について


このページは、2019年8月8日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ