手術のリスクと医療統計

with コメントはまだありません

#Sponsored


手術のリスクは、低く見積もられる、というお話。
 
私の父は、心臓のバイパス手術をした後、脳梗塞を発症した。
糖尿病であったため、術後のストレスで血糖値も上がり、
ストレスも含め血栓ができたものと思われる。
 
だが…それがカルテに書かれる事はなく、
心臓の手術をしたところにその話をしても門前払いされ、
つまり、それが医療統計に残る事はない。
医療統計どころか、病院の記録にも残らないだろう。
 
「直接の原因とは言い切れない」という理由で、
手術のリスクは、公表されている数字より低く見積もられている
可能性がある。例えば持病があって、ある手術をするにあたって
その持病は手術のリスクになる…場合、術後の合併症や障害は、
手術を選択した要因というより、その持病が原因として
カウントされてしまう。
 
診療する科が変わり、病院が変われば、その後の状態を追跡
する事がないので、あくまで、数字になっているリスクは、
捕捉が可能な分だけである。捕捉されてない分は足し算しないと
いけない。つまり、手術のリスクはもっと大きい。
 
医者の性質として、「他の医者や病院の批判はしない」という
傾向が強くある。むしろ、「他の医者、他の病院でも同じ
診断を下すと思いますよ」と言う傾向が非常に強い。
これは、日本の医療が標準化されているという意味合いもあるが、
裏返しとして、お互いにミスをかばいあっているという
意味合いもあろう。
 
また、直近の手術や治療ならともかく、だいぶ前の手術や治療が
トリガーになっている場合等々、複合的な理由が考えられる
場合の方が多いために、常に医者は都合の良いように考えて
しまうのだろう。
 
数字を出す医師はまだマシで、「こんな可能性もある」「あんな可能性もある」
「確率?わからないよ」…発生確率が不明なので、リスクも不明、
故にすぐに治療すべきだ!というロジックの医者も少なからずいるし、
僕はそういう人を見た事がある。
 
そういうのを含めて、総合的に、治療する/しないを判断するのが
良い医者なのだろうが…そんな医者はもう日本にはいない。
いや…そもそも…名医というのが幻想なのだ…。
 
そもそも、ログを詳しく追っていく、という習慣のない医療業界において、
個人情報保護法が適応されていく世の中になってしまえば、
医療統計そのものの不正確さというのは避けられないと思われる。
だが、それをあまりみんな言わない、不気味さもある。
医療統計を正確に取ろうとすれば、ますます、市民は病院に隷属
するような世界にもなってしまうので、現状が悪い…とも言い切れぬ。
 
前立腺がんで死ぬ事に怯えて、前立腺を全部摘出するような
人がヒーローになってしまう時代だ。そして、がんや、脳梗塞を
早期発見できなかった人は悲劇のヒーローに仕立てられる。
冗談美談のようで、実に金満的のようでもある。
 
統計学を持ち上げているのではなく、統計を記録するというのは、
実に人間的な営みの連続である…という事だ。実に人間的な統計であるが
故に、その読み方については、「統計」として正面から読む
訳にもいかないように思うのである。やはり統計学だけでは
不足であり、その統計の分野の知識は必ず必要となろう。


この記事について


このページは、2019年8月22日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ