パプリカのメロディ

with コメントはまだありません

#Sponsored


「パプリカ」のNHK東京児童合唱団の
アレンジが良くできている。
 
そう、カラオケ用に練習しているので
あるが、最初のメロの展開が少し複雑で
「奇妙な童謡」といった印象を受ける。
 
また、サビ部分も、メインというより
別のパートのメロディをメインに持って
きたような感じを受けた。裏のメロディを
表に持ってきたのが新しさを感じるのかな。
 
この作曲の癖として、ひとつのメロディ・
フレーズの最後の方の音の展開が
非常にフシが取り辛い。
 
他のブログでも指摘されていたが、確かに、
曲のリズムとかグルーブというようなものに
対しては、あまりオリジナリティはなく、
職人的に作っている感じはある。
 
不協和音に何とかオチを作る感じの
メロディ・ラインが、米津節なのかなーと
思った。
 
ちょっと触り過ぎかな。でも、僕もたびたび
言及しているが、あまり好きではないんだけど
何か耳に残る力はあると思う。
 
でも、音楽真空地帯の福山雅治より
だいぶ良いと思う。


この記事について


このページは、2019年10月5日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ