別れろ!論への疑念

with コメントはまだありません

#Sponsored


麻薬を常習していた時、何らかの男女ペアでそれを
行っていて、再犯を防ぐために「別れろ!」と
アドバイスするのが慣例のようになっている。
 
麻薬の常習を精神病と捉えて、その因子を取り除く
といった考えなのだろうが、あまりに短絡的なように
思う。
 
因子だとして、その因子を取り除けば、必ずその
作用に対して反作用が発生する。それの代替になる
ものもない状態で、精神的に不安定になる可能性は
かなり高い。
 
愛着が強い場合、別のパートナーを探すか、
もしくは他の愛着の対象になるものを見つけてしまい、
それが新たな因子、トリガーになってしまう可能性も
ある。そうすると、未知の因子が発生してしまうので、
それならば、既存の、既知の因子、トリガーを持って
もらって、それをコントロールするという考え方も
あるかと思う。
 
うつ病の人は励ましてはいけない、
麻薬中毒者はそのパートナーと別れるべき、
という、この手のべき論は、あまりに実態を見ていない、
硬直的な考えのように思う。もう少し実態は多様で
あるように思うが、どうか。
 
狼男を撃つ、銀の弾丸はない。


この記事について


このページは、2019年8月24日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ