疲れた

with コメントはまだありません

#Sponsored


 
つかれましたわい。
  
嫌な事っていうのは、一日の内で、ほんの短い時間に起きる。
(それが連続して起きれば深刻なパワハラだ)
  
たったそれだけの事で、いつまでも嫌な気分が続くものだ。
メダカを飼い始めて、少し気分が晴れた、
Unityを始めて、少し気分が晴れた、
 
しかし、心の暗雲は、晴れないままで、
きっとこのまま、心の曇り空を見上げながら、
陰々欝々と生きていく…。
  
インターネットや、アイドルや、アニメーション(萌え)が
世の中の中心になっていくような気がして、
何か、嫌だなあ、と思う事がある。
  
さて…。
 

  • 社会を論ずるというのは、結局若者を論じている
  • 若者を論じるテイで社会を論ずる事もある
  • 得意分野に接続して社会を論ずると、説得力があるように感じる
  • 社会の実体とは?「自分がこうあって欲しい社会」を論ずるのが社会学、
    つまり指標なんてない訳だ
  • 社会学の古典には学ぶ点がある、現代の理論の基盤になっている
  • SNSを見るのは、2ちゃんを見た後の後悔に似ている、承認欲求とカジュアルさでごまかされているが、同様の後ろめたさが本来はある筈
  • いきなりSNS、メッセージアプリ世代の、インターネットやITに対する無邪気さよ!
  • ブログ人口は2004年頃、数百万規模、現代のSNS人口は数千万規模。全然違うのだ
  • 俺はね、ゲームを作って漫画を描いて音楽を作るよ
  • 萌えアニメの表情はエロ漫画にしか見えない。彼女らは、いったい何の主体に対して頬を赤らめ、太ももを露わにしているのか
  • 昔のエロ絵は、キモい絵柄も多かったが、技術の向上によって、時代性だけでなく、人間の生理により寄り添う絵柄になってきたと思う。エロ絵の文法で描かれている絵柄を、無神経に受容しているのは、エロ絵の文脈を知らない人々だ。知ってる俺達は、どうしたらいいんだ
  • アイドル、アニメを追っている子らの話を聞くと、性欲が欠落しているように感じる事がある。もっとはっきり言えば「オナニーを捨象している」。いや、僕の頭の中の「ギルガメッシュナイト」が、そうじゃないよ、そうじゃないよって囁いているだけだ。これが時代なんだ
  • 「ホンマにこれで街おこしになると思ってる?」という事が多い。行政主導のイベント・企画だから形になっているだけだ。自分たちの企画力と勘違いしている風にも見える。企画力があると思うならば、それを事業計画にして、地銀や信金でお金を借りてやって欲しい。補助金貰う側より、補助金斡旋している方がタチ悪いで
  •   
    最近は、こんな事を考えている。


    この記事について


    このページは、2018年10月23日に最初に書かれました。
    その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
    古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
    その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
    また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
    厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
    怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
    自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


    SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ