蜃気楼に消えた脚本

with コメントはまだありません

#Sponsored


夢のような日々だったのか
日々の顔をした夢だったのか
それとも

昔は良かったと
今もまた良いようだと
そう思える今は良い

そう思える
今日は暖かい
心の芯まで

光と影
人間の光と影
影ばかりを
影ばかりを見る

あの頃に置き忘れたもの
あの部屋に置き忘れたもの

それは人間の影
僕は 僕の影をそこに忘れていた

それでも
一筋の光が
射し込んでいる気がする
あの頃のあの部屋に


この記事について


このページは、2017年8月18日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ