夜を歩く

with コメントはまだありません

#Sponsored


夜の木々の中を歩く

夜の空気は
人間を幻想的な気分にさせる

昼間見えていたものが見えない
夜にしか見えないものはない
引き算の結果 見た事のないものを
見ているかのように錯覚する

だから夜は幻想的
夜の闇は永遠の気分

明けない夜はないという

光のために闇があるのか
闇のために光があるのか

夜は問いかける
我は無である
お前も無であるか と


この記事について


このページは、2017年8月18日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ