線形・非線形

with コメントはまだありません

#Sponsored


線形関数と、非線形関数がある。
 
例えば、預金と利子率、得られる金利の
関係は、線形関数で近似できる。
 
しかし、この世の中には、非線形の関数で
しか表現できないものがある。
 
その非線形の関数を、予測しようというのが
今流行している、AI=人工知能である。
 
ただ、非線形であっても、大量にパラメータや
データをインプットして、そこから線形関数を
組み合わせて、非線形を近似している。
 
本来、非線形な現象であるものを、
一部の統計をエビデンスとして、線形に表現し、
プロモーションを行う…。
 
そのような状況に、
なってはいないだろうか。
 
都合の悪いものは非線形=ブラックボックスとして、
専門家としての見解とし、
都合の良いものは線形として、エビデンスを出す。
そんな事をされたら、普通の人は従ってしまうだろう。
 
ただ、このような話法は、普通の人でも使うし、
誰でもやってしまう事ではある。
誰だって人間なのであるから。


この記事について


このページは、2019年9月3日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ