仮想通貨の将来

with コメントはまだありません

低金利、金融緩和、景気の回復、株高、
こういう状況に加えて
ブロックチェーンで仮想通貨を流通させる
技術やインフラが整った…

という条件の元、仮想通貨が生まれ、育った。

世界的にこれから、投資が縮小していくと予想すれば、
仮想通貨から資金が流出する事も予想される。

仮想通貨だけではなく、不動産から株式、債券まで、
波乱が起きるのは間違いないだろう。

色々な仮想通貨を分散して持っているというのは、
一つのバスケットに、色々な鳥の卵を入れているような
ものである。

結局は鳥の卵なので、割れてしまうのだ。


仮想通貨のバイサイドのアナリストの中には、
仮想通貨のアフィリエイトをやっている方もいて、
これは純粋なバイサイドのアナリストとは言えないような気もする。

僕は仮想通貨ではポジションを持っておらず、
それ故に「仮想通貨なんてものは」という意見に
なっている事をご了承されたい。


この記事について
このページは、2018年4月13日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。




SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ