お座敷にて

with コメントはまだありません

#Sponsored


料亭の二階のお座敷である。

三味線の四重奏、かっぽれ、かっぽれ、よいとさーよいとさーと、俺と部下の鈴岡はお座敷に居た。俺たちを招待したモルガン商事のモルガン卿は、未だ来ない、酷く居心地が悪い。お座敷芸者たちは、高砂のでんでん太鼓がめでためでたーの、等々唄っているが、俺たちはどうすれば良いのだ。

鈴岡が足を崩した。俺は欄間の龍と睨み合って、調子外れに手拍子を打った。コンパニオンがお膳を持ってきた。白菜の漬物と、御粥、そして味噌汁だ。芸者がすうと居なくなって、入れ替わりにモルガン卿がやってきた。モルガン卿はその巨躯を俺と鈴岡の間に捻じ込ませて、

「マイナスドライバーはないですか?」

と、肩をすくめた。これは彼の十八番のジョークなので、

「オルタナティブも真っ青よ」

と返さなければならない。雨が降ってきた。酷い雨だ。横殴りの雨がこの界隈に叩き込まれる。水着のコンパニオンがやってきた。という事は、これからセメントの談合が始まるわけであって、俺と鈴岡は分度器で床の間の柱が87.6度である事を指摘して、そこからの黒田節を披露する、何時ものパターンだ。


この記事について


このページは、2016年10月6日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ