with コメントはまだありません

#Sponsored


掌作「海」

不安定な一人称の海の中を、私は潜水していった。夢でいつも見る潜水艦を叩いてみると、
中には亡妻が居た。亡妻は、静かに笑っているようにも見えるし、
亡骸のようにも思えた。

これは私の海なのだけれど、何となく、他人事のように思えてならなかった。
息が続かなくなり、
潜水艦と妻を残して、私はゆっくりと浮上した。
満月が見える。ボートも静かに揺れている。

そうこうしている内に、潜水艦も浮上した。思ったより、
小さな潜水艦だった。もう一度、潜水艦を覗いてみた。

妻は、居なかった。浪間に揺れて、潜水艦はきい、きいと
鳴いていた。私はしがみついた。エンジンが止まり、
大量の蒸気を、それは放出した。

そして私は、目覚めた。たっぷりと寝汗を
かいていた。

枕元には、妻が居た。亡妻だった。亡霊でもなく、何でもなく、
只、妻が居た。私は、妻に、海の話をした。

妻は、それをぼんやりと聞いて、ぼんやりと居なくなった。消えたのではなく、
席を外したようだった。

ふっと風が通り、柱時計が、ぴったりの時間を告げた。
畳のへりが膨らんだように見えた。

私の、一人称の海は、この世界の何処かにあるらしい。私の布団のある、
眠るための部屋の、柱時計が、それを教えて呉れたのである。

もう、昼近い。部屋から庭が見えるが、太陽の光が強い。
正午告げ、柱時計がまた眠る。

私の亡妻は、私の海の中に、居るのだろうか。
私はもう一度、眠る事にした。そこにはまた、海があるだろう。

(終)


この記事について


このページは、2015年9月19日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ