書き出し小説 自選集

with コメントはまだありません

#Sponsored


・焼香の列が台所まで伸びて、婆ちゃんが無言でお米を研いでいる。

・排気ダクトに揺れる風鈴に、芳子の夢は膨らみすぎるほど膨らんだ。

・枯草に埋もれた私の掌に、冬の鉛が流し込まれた。

・賭け麻雀で停学になった先輩が、屋上でトランペットを吹いている。

・競売の終わった家の庭に、冬の蝶がひらひらと舞っている。

・白線の外側に死がある。この病棟には白線はない。

・香典ドロボーは、もう一人のあたし。

・手品師と占い師が睨み合ったまま、空調の音だけが廻り続けている。

・汗かきベソかきバケツリレーは、笑いなしの降霊術に変わっていった。

・北ウイングに待ち合わせた未亡人たちは、和服で凛として立つ。

・夏の墓地に、ゆっくりと、巨きな錠前をかける音が響き渡った。

・真夜中、路地に這って苔を舐めた。何の音もしないのである。


この記事について


このページは、2017年6月4日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ