詩歌 脱原発宣言

with コメントはまだありません

#Sponsored


詩歌 脱原発宣言
Poem,the declaration of anti-nuclear power plant

原発とは畢竟、市場原理主義者の馬鹿たちが為の鳴らす鐘、あの鐘を鳴らすのは瑞穂、そう、道具に他ならぬ。原子力の炎を燃やし続けて、遂にあのような珍事件を引き起こしたのだ。パンデミックも真っ青だ。あの日本政府の射程には、無辜の民草を悪魔のグラスホッパー即ちプルトニウムの草刈場とならしめうる・・・。グラスホッパーは夕陽に向かうのである。

ピアニッシモを奏でる黒い鍵盤を見よ。アルデンテを作り出すあの底光りする鉄鍋を見よ。我々が愛するダイナマイツでさえもそうだ。良き原子力で作られしレタスである。巧みに巻き込みが、ありやなしや。いやありであろう。ダイナマイツ生野の言葉でさえ、原発の1/f揺らぎを暗示していた。ホットココアの水澄ましである。

悪しきアトミックパワーは、畢竟、ジャンプ、そうだジェイムズヴォンドのそれであり、やはり黒光りするそれの檜皮のようなものだ。鋭ければ鋭い程度には、それは中央線のように文明システムに突き刺さろうか。つまりシステムバグ、システムデバッグとまでのレヴェル経験であろうや。これ以上からがNP恐怖である。ここまでの技術要素がチータッタ、だ。かように整理され、明らかなる問題であるのに、乗船は遅々として進まない。鳩山由紀夫は、甲板掃除から、やり直す必要がありやなしや。

そうなれば答えは岸壁が下に下回る。心脅かすのは、断原子力である。日本人の愛する原子力発電所を発電機として再販売する道のりであろう。タービン。つまりターバンであるのであるのだけれども、そうせざるを得ない諸事情等を、東京名物、推し量る事もある種の賢明ではないかとも思われるのだが、どうだろう。魅せられて原発、ブルーライトが光る構内の廊下には、眠る女だけだ。

まとめて考えれば、弁証法的に、また声なき声として、原子力は止むを得ないとは必ずしも言い切れまい。答えは明快だ。言い切れまい。心は、訪れるべき道のりを歩く盲者の行進さながら僅かな光も見逃さない。それが大きい皮肉たる皮肉屋たちの原子力推進地域のセレブリティであろうか。根絶やしにせよ。草の根別けてもグラスホッパーを捜し出せよ。哀れなる蝗は迷い子、迷い猫、そして迷い犬でもあるのだからね。つまり、動物もモリモリ。

丸々モリモリ脱原発宣言、(^○^)
良く似ているね。
似ているね。

畢竟、絶原発、断原発、それだ。マルマルモリモリは、脱原発に、マイナス1.5票。レースのカーテンを引きちぎり、巻きつけて、踊ってみたいなら絶原発。成り行き任せの恋に落ち時には誰かを傷つけたとしたなら断原発。況や、アホテラスをや。アホテラスから、紅茶をくゆらしてみるがいい。こんな事、茶番だと解るだろうから。判事は賽を投げたが、女は海なりき。天国からの声はやはり絶原発。しかしどうだろう、やっぱり原発を使ってみるというのは?逆転の発想が求められている。面従腹背にて原発を使えばいい。それこそが、直截的なシュプレヒコールとなろう。

インド人に委任せよ。売国し、インド人に任せるのだ。さすれば、かような問題より、光ある方にインディラの恵みあるだろう。怖いだろうか。皆怖いのだ。鉄道本線を曲がって、銅銭を投げ入れろ。そうすれば、もっと、もっと、もっと壊れていく。この壊れゆくニッポンの処方箋は即ち、メタルゲゼルシャフトじゃなく、パンドラの箱でもなく、それら以外の何かだ。灯せ、自由の火を。インターネットに自由を。患者には処方箋を。薬屋にポイントカードを。

全ての愛を脱脂綿に湿らせて
全ての情を排水溝に詰まらせて

匿名の詩歌

脱原発宣言・挿絵


この記事について


このページは、2015年9月13日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ