死票を投じる意味

with コメントはまだありません

#Sponsored


地方選挙の渦中にある今、死票を投ずる意味を
中心に振り返ってみようと思う。
 
先ず、投票という行為自体には、金はかからない。
何かと、サブスクリプションだのと言われる昨今、
永遠に、投票という行為は無料期間が続き、
誰に投票しようが、タダであり、死票を投じても
罰せられる事はない。
 
僕は、最近の投票の行為として、一番人気には絶対に
投票しない。これまでの経緯から、これは落選するで
あろうという人に投票している。
 
それは死票になるが、得票数が一票でも多ければ、
また次に立候補してくれるかも知れない。
現時点での「政策」よりも、「死票性」が高いか
どうかだ。小沢一郎を見れば明らかだが、政治家の
「政策」は一夜にして変わる。人格すら一夜にして
変わる。それなら、僕は死票を投じ続ける。
 
死票こそが、既得権の甘い汁を吸っている人々に
とって、恐怖なのだと思う。既得権とは「体制側」に
限らない。沖縄のように、反体制が既得権と化している
場所もあるから。


この記事について


このページは、2019年4月21日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ