不公平っちゃ不公平

with コメントはまだありません

#Sponsored


世の中、不公平でごんすねえ。
公平な社会の状態があったとして、
それが社会の平衡状態ではない。
 
世の中が不公平な状態であるとすると、
常に不公平な状態で平衡しながら揺らいでいて、
つまり力や権力、権利があるべきところにあらず
あるべきでないところにある状態、
これが不公平な状態である。
 
法律というものは、力や権力、権利を
あるべきところに戻す力を持つ。
これは国家が正気であったという前提の元
であって、国家が正気でなければ、法律は、
力や権力、権利があるべきでないところに
遷移させるように力を持つ。
 
例えば、安保法制、憲法改正については
国家は正気でないと見做したりするし、
麻薬を取り締まる法律については、僕たちは
少なくとも外面的には国家が正気であると
見做している。
 
世の中が、完全に公平である状態というのは、
力も、権力も、権利も、富も財産も、名声も、
ありうるべきところにあり、
ありえないところにはない、
そういう状態で平衡するという事になる。
 
そういう状態で平衡してしまうのは、
まるで死後の世界のユートピアのようであり、
社会のダイナミズムというものは失われる。
だが、何でも程度問題であり、極度に不公平な
社会は、ダイナミズムと共に暴力がある。
 
インターネットに暴力があるとして、それは、
不公平さを原因とするダイナミズムによって
発生している。
社会においての暴力もそうであろう。
ブロードバンドパスポート。
おやじハンター麻雀。


この記事について


このページは、2019年3月22日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ