批判は自由

with コメントはまだありません

#Sponsored


誰かに批判されたとしても、相手が批判する事自体は
自由。だが、こちらがそれを受け容れるかも自由だ。
逆の場合でも同様だ。こちらが誰かを批判するのは自由
であるが、相手がそれを受け容れるかどうかは、
わからないのである。
 
コミュニティの体育部を辞めるにあたって、
辞める直前にも嫌味があり、辞めてからも少々の嫌味は
あった。
 
まず辞める直前に、僕が「これからも体育部を続ける」
決議をされ、辞めてからは「あいつに任せて大丈夫か」
「影でコソコソやらないで表に出てこい」などと言われた。
 
人間としての節度…というものを、失った人の批判は聞く
必要はないだろう。確かに頭に来るが、そんな馬鹿な奴でも
批判する自由はある。これは「表現の自由」だ。
そして、「結社の自由」があって、結社するのは自由だが、
脱退するのは自由である。それが日本国憲法だ。
 
批判は自由だ、そしてそんなのを聞く義務もない。
言わせておけば良いし、改めて話し合いの場を設けるというので
ない限り、”逃げるは恥だが役に立つ”である。
どうあがいても、日本には、ディスカッション、ディベートの
素地がないのだから、地方のドロドロした場で、まともに
話し合いが出来ると思わない方が精神的に健全である。


この記事について


このページは、2019年6月16日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ