KANはたぶん知っていた

with コメントはまだありません

KANとASKAのコラボレーション曲で
「予定どおりに偶然に」という曲がある。
 
KANのインタビューの文言で
「できるうちにやっておかないと」という
内容のものがあったが、
 
僕は、その当時のKANは、ASKAが覚醒剤を
やっていた事に薄々気付いていたと
思っている。
 
SCENE3の頃のASKAのメロディは、かなり
調子が良いと思っていて、「予定どおりに偶然に」
も、KANのアレンジ能力と、ASKAのメロディが
融合したけっこう、良い曲だ。
 
ASKAがCDショップから姿を消した頃、ASKAの
曲でアクセスできるのは、この曲ぐらいだった
ので、今、改めて、KANの色々な意味での
慧眼に感謝したい。


この記事について
このページは、2019年10月5日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ