子供の発達障害

with コメントはまだありません

#Sponsored


子供の発達障害の原因は何だろうか。
全てを親のシツケのせいにするのもおかしいし、
全てを脳のせいにするのもおかしい。
 
親のせいでもあるし、本人の性格もあるし、
先天的な要素も、後天的な要素も、
生まれた環境や土地も、食べ物も、
脳のせいでもあるし、遺伝的な要素もあるし、
周囲とソリが合わないせいもあるし、
 
それこそ、あらゆる原因が因果となって、
子供だけではなくて、僕たちの性格や行動というものを
決定付けている。
 
何かひとつのものに還元するのは、違う。
それだけの事であり…精神医学というものが、人間というものを
全て説明できる訳ではない。それは親のしつけなり、
環境なりもそうであって…。
 
DSM-5であってさえ、まず前提として、社会的慣習や通念を
超えた病的な行動や思考…を対象としている事を思い出す
べきだと思う。そうでないと、発展途上国の呪術的な思い込みを
病気と診断する事になるからね。シニカルに、そうだ彼らは病気だ、
あの偉人もこの偉人も発達障害だ、というのはあまりに愛がない。
愛なくして病気が治る事がない。そのシニカルさが正に笑いものだ。
 
昨今、学校においての、教室経営の失敗は、極端なイジメによる
自殺…などにフォーカスされているような気がするのだが、
そもそも、手に余る子を何とかするのが教室経営ではなかったのか。
そして…教室経営に失敗したって、仕方ないのである。公務員なんだ
から。あくまで給与と契約の範囲内でしか、教室経営はできない。
問題児を大問題にする社会的風潮が、発達障害というカテゴリーを
生んではいないだろうか?
 
日本において、まず、
均質な社会性、文化性が存在し、それから外れた人間は
特性を獲得している…というのが、不思議な世界観であるように思う。
陳腐なダークヒロイズムを、現実に持ち込まないで欲しい。
そもそも…人間というのは、落ち着いていて、秩序を保つのが
正常であろうか…とも、思う。ましてや子供である。
 
大人の発達障害でも同様であり…そもそも、この企業社会、
サラリーマン社会に順応するのが正常であり、そこから外れた
人間に病的な性質がある…と、決めるのは本来はとても難しいのでは
ないかと思うのである。
 
社会学は、死んでいる場合ではない。
かつて…共産主義が讃えられた時代があった。共産主義に希望を
感ずる時代があった。現代はどうだろう?日本共産党ですら、
支持者の一部から、「共産」の文字を降ろすべきでは…と言われている。
パラダイムは必ず転換する。その転換が良いか悪いかは
わからない…。


この記事について


このページは、2019年8月9日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ