クレタという活動家

with コメントはまだありません

#Sponsored


クレタさんという、環境活動家の演説の
和訳を読んだが…。
 
彼女の言う事は正しい、何故なら、
「未来の世代」という、無垢の立場からの
主張だからだ。
 
彼女が、環境活動家としてキャリアを
積み続ける限り、同様の主張を続ける
事ができるだろう。
 
誰もが、彼女の立場と、彼女と同じだけの
度胸があれば、同様の主張はできる。
だが、主張は主張だ。若さ故、愚かさ故
の事だ。
 
若い環境活動をを、国連のああいう場に
あげる…という事自体が、パフォーマンスの
一種だ。国際機関は、CO2削減に関して
本気である、という事を示す事になる。
パフォーマンス自体はいけない事ではない。
 
だが…これまでも、これからも、
この手の事は、よく見る景色だろう…と
思うと、陰鬱な気分になる。
あからさまに、何らかの意図で利用するために
あの場に彼女を出してきた訳であって、
その意図が成功したかどうかはともかくも、
彼女の演説を、学校教育などで利用したり
していく茶番を考えると、寒気がする。


この記事について


このページは、2019年9月24日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ