宮さんの恋

with コメントはまだありません

#Sponsored


宮さんが出逢った男が
報道の通りとするならば、
まあ全くもっての強か者だ。
実に強かだ。
 
恋から結婚へ…。
宮さんは、あちらさんの家庭に
入る訳である、
これまでのような繭に包まれた
生活ではない。
 
宮さんもひとりの女であるのだから、
例え、これから苦労するとあっても、
一度きりの人生を思い切っても
構わないのではないかとも思う。
 
皇室の女がどうなろうと、
本来はどうだって良い事だ。
皇室に対する敬意というのは、
僕にとっては、他人様の家庭に対する
敬意と同等でありたい。
 
良家の女が庶民の家に
嫁ごうとしている、
それがニュースになってゴシップに
なって…。
そりゃ、自由にはならないわな。
 
逆に言えばさ、今時、
超大多数の男どもにとっては、
皇室の女なんかと結婚したら
ずっと追いかけられるから
ご勘弁蒙る、っていうのが本音じゃないのかな。
だから、ああいう、山師みたいなのに
捕まってしまうんだねー。
 
皇族を特殊なものと考えてしまうと、
やれ「あいつは偽皇族だ」だの
「皇族の癖に品がない」だの
「宮さまは利発でいらっしゃる」だの…。
貶めるでもなく、崇め奉るでもなく、
ひとつのファミリーとしての敬意を表する、
僕はそうありたい。


この記事について


このページは、2019年1月27日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ