女だらけ

with コメントはまだありません

#Sponsored


天皇陛下、伝統と「象徴」の重責
2019/5/2 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44400660R00C19A5EA2000/
 

 
女だらけの皇族である。
やんごとなき女だらけのファミリーで、
男というものについて、あけすけな会話にも
ウブだった彼女たちに、やってきたのが
小室さんという、皇室ソーシャルハッカーだった…。
 
小室さんからすれば、そこに美しい花があったから
摘んだ、それぐらいの気持ちだっただろう。
 
自分の娘を小室さんに嫁がせられるか?
自分の推しを小室さんに嫁がせるか?
自分が小室さんと結婚できるか?
という問いは、さておき…。
 
駆け落ちは絶対に許されない彼女たちに、
自由恋愛をせよ…というのは、ちと、酷ではないか。
美しい恋であった…それで良いではないかと思う。
小室さんはあまりにセルフィッシュだ。マスコミの報道が全て嘘だったと
しても、婚約者を置いて単身、海外留学に出てしまった事は事実だ。
 
小室さんと小保方さんは、あまりに相似形のような気がして、
とんでもない悲劇をもってして、事態のブレイクスルーを
はかるような事がないように祈りたい。
STAP騒動の最悪の幕引きの背中を追う事のないように、
それだけはないようにして頂きたいと願うばかりである。
 
駆け落ちできる男と女だけに、
そして出戻りも許される男と女だけに、
「好きな人と結婚すれば良い」と言える。
実家と連絡も絶やしがちで、でも、幸せに暮らしています、
なんて状況も許されそうにない、賛成派は、小室さんの
ようなタイプの男を甘く見ている、女も怖いが、
男も怖いぞ…。


この記事について


このページは、2019年5月3日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ