with コメントはまだありません


このブログで「毒」を吐く事でネットライフ、現実の生活が健やかに送れる気がする。たまたまこのホームページに辿り着いて、読んでしまって僕の駄文で気分を害された人にはとんだ迷惑だろう。しかし誰しも他愛もない、どこの馬の骨ともわからぬ者の罵詈雑言を読んで、何も考えない時間を持っても良いのであって、そういう意味では、長らく読んで頂いている方々というのは合縁奇縁と言う他ない。
  
コロナ対策の問題、これは世間やメディアが忘れ、時間が経過すれば何とか終わる問題かも知れない。しかしその後も「潔癖症」は社会に残存する気がする。手洗い、マスクの習慣は続けてゆきましょうなどと、気違いコメンテーターや白痴の専門家が啓蒙するかも知れない。日本だけがガラパゴスで、規制を緩和しないという事態も有り得る。ともかくもマスクやサングラスで顔を隠すのは有名人か露出狂と相場が決まっており、ますます狂っていく日本社会であるからして、正気を保つ努力を続けないといけないのである。
  
狂っていると言えばエコロジー、カーボンニュートラルの動向も相当に狂っている。はっきり言って無謀であり勝算もないのだが、自然エネルギーをメインにして原発も火力も削減するという、そりゃあ無理だろうという連中が新しい利権を作り出している。東アジアで電力網をなどといった構想すらあるらしいが、王様が決まっているロシアや、戦争ばっかりしてたくせに仲の良いフランス・ドイツを中心としたEUなんかを参考にするのがまた、キマッてる気違いぶりである。日本は中国・韓国とそこまで友好的ではなく、どちらかと言えば大陸側がイニシアチブを握っている状態で、さらに電力の生命線を彼らに握らせるというのは、ちょっと、信じ難いバカと言う他なく、それこそエコロジーのためになら国を滅ぼしても構わぬといった塩梅式だから、せめて後世の歴史家に彼らこそが日本を衰退させたと記述してもらう事を祈って、今日は酒飲んで寝ます。


この記事について
このページは、2021年8月30日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。



こんな記事もあります


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ